So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添要一 千葉のホテルでの面談相手は誰?都議会の質問に答えられず [今日のニュースから]

舛添要一都知事 都議会で千葉ホテルでの面談相手を答えられず



舛添要一東京都知事は千葉県リゾートホテルで2013年、2014年の正月に会議を開いたとして、計37万円の政治資金の収支報告書提出していたが、それは単なる家族旅行だったということが報じらた件で、都議会で現在も激しく追及されている。






2013年、2014年にとある出版会社の社長と面談していると収支報告書には記載されているが、実際は家族旅行だったこと、そして出版会社の社長が誰なのか、議会で追及されるも、舛添要一東京都知事からは、その質問に対しての納得できる回答を得ることができなかった。

「相手側の立場もあるので、ご迷惑をかけるので名前を言うことはできない」

それが、東京都知事の答え。


相手の立場もいいが、これだけ問題になってるのに相手の立場を優先させるのはおかしい。


実際には政治的な用件で千葉県のホテルで会議を開いたことになってるが、それが単なる家族旅行だったことがわかった現在、家族旅行中になんで出版会社の社長と面談するのだろうか?

それも2年連続で。


どう考えても普通では考えられない状況に、都議会での追及に都知事も終始しどろもどろ。






面談の相手は?そもそも面談は存在したのか?




そもそも、面談自体がなかったのでは?

もしくは、公にできない相手ではないのか?


ますます疑惑が深まる東京都知事の不適切な政治資金の流用。


東京韓国学校を建てることを韓国の朴槿恵大統領に求められ、それを快諾するなど舛添都知事の韓国びいきは有名。

舛添都知事自身も在日韓国人の帰化人であることも今では有名な話である。

ひょっとして面談相手とは韓国の政治関係者?


都議会での質問に具体的な答えを言えない都知事に対する疑惑が募るばかりである。



都知事の都議会での答えに、都民は納得できるのだろうか。



週刊文春もまだまだ舛添東京都知事の不適切な政治資金関連のタがありそうですね。

一気にネタを出してしまうと、週刊誌が売れないので、小出しに舛添都知事の不祥事を報じていきそうですが。


いずれにしても、都民からの信頼を失った舛添要一都知事。


都議会では辞職を迫られている。


ご本人は、それでも都知事続投の意思を表明しているものの、文春側にまだネタがあるのなら、今後の報道次第では、辞職に追いやられる可能性もなきにしもあらず。


今後の動向が気になります。









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。